雅楽の奏でる和の音色に耳を澄ませ、四季の空気を肌に感じながら夫婦の絆を誓う、厳かな和の結婚式。
花嫁だけが着ることを許される慎ましやかな白無垢、華やかな色打掛は、日本の女性の美しさを引き立てる最高の装いです。
「奥ゆかしい日本の美」をとり入れた伝統的な和装から、現代のニーズに合わせた新しいスタイルまで、
お二人の思い描く「日本の美」をスタイリッシュにご提案いたします。

白または淡いお色の掛下に、鮮やかな色の打掛を羽織る装い。 白無垢同様、式服として使用することができますが、挙式は白無垢で行い、披露宴で色打掛に着替え、 両方を装うことが多いようです。

詳しくはこちら

白無垢・色打掛と同様正式な花嫁衣装。 別名「お引摺り」。花嫁が披露宴で着る場合、一般的な振袖とは異なり、腰の部分の布を折り込まず、 裾を引いた「引き着」にします。

詳しくはこちら

紋付は、一つは紋の入った着物一般、もしくは着物に紋が入っている事を指し、もう一つは男物の紋付小袖の略称として用いられています。 紋付の形状は小袖とほぼ同一で、袖口が狭いのが特徴です。

詳しくはこちら